patfrun

できるだけ、ゆっくりと振ります。
最も軽く感じるスイング軌道が、ベストのスイングです。
いつもその軌道で振れるように、繰り返し、繰り返し増やして身体で覚えましょう。
方向性アップに役立ちます。

シャフトを振る速度を上げます。
3枚羽根で受ける空気抵抗が大きくなり、筋肉(特にインナーマッスル)に
かかる負担が増大し、あなたの飛距離がアップします。
ただし、スイング軌道の安定を優先させましょう。

以上、2つのスイング方法を、適宜組み合わせることであなたのゴルフスイングは着実に前進するでしょう。

まず、何のために羽根がついているかというと、空気抵抗のある羽根を持ってくることで、羽根に回転を付け、スイングのブレを抑えることができます。

羽根の枚数を増やすと空気抵抗と回転力が大きくなりますが、3枚羽根でも4枚羽根でもどちらでも良いのかというと、そうではありません。
横風に対する安定性が大きく違います。

下の図からわかることは、3枚羽根が他の羽根と比べて空気抵抗の変化が小さいということです。
横風に対してシャフトが揺られないようにするには3枚羽根が他の羽根の数と比べて一番有効ということがわかります。

一般に矢などに付いた羽根の役割は、その空気抵抗で軸回転を生み、軸のブレを抑えて真っ直ぐに飛ばすことが目的です。羽根の枚数を多くすることは、空気抵抗、回転力を大きくし、横風に対する安定性を変えます。
「ぱっとふる~ん」のように、羽に横から空気を当ててスイングするような場合、この横風の効果を考える必要があります。
羽根の枚数として、2枚羽、3枚羽、4枚羽、6枚羽などが考えられますが、回転角度(横からみた羽根の角度)による空気抵抗(横からみた羽根の大きさ)変化をみると、 下図のように、3枚羽は他より周期が短く、最大抵抗値は小さく、最小抵抗値は大きい(6枚を除く)。すなわち、3枚羽では抵抗変動は小刻みで小さく、抵抗値は最大、平均共に小さくなっています。また、3枚羽の場合、その中の1枚が飛行機の垂直尾翼のような役目を果たし、スイング方向の安定性を増すことが考えられます。
よって3枚羽は負荷変動幅が小さく安定しており、負荷が大き過ぎず、スイング速度、スイング軌道共に一番安定する枚数であると思われます。
「福岡大学 スポーツ科学部 バイオメカニクス研究室 川上 貢 先生の見解」

練習名 練習目的 練習内容 回数と注意ポイント
基本練習Ⅰ 軸回転 1足長のスタンス:
軸を動かさないように回転運動でスイング。
軸足は拇趾丘立ち。
1セット:10回
拇趾丘体重(姿勢)
基本練習Ⅱ 体重移動 2足長のスタンス:
軸を動かさないで回転運動でスイング。
軸足は拇趾丘立ち。
1セット:10回
低重心
基本練習Ⅲ 間とタイミング 片手スイング(右利きは右手):
通常のスタンスに1秒の間(ストップさせる)
1セット:10回
トップの姿勢
基本練習Ⅳ 間と体のしなり 羽根なしのシャフトで
スイングスピードを意識する。
1セット:10回
トップの姿勢
総合練習 フルスイング センターからセンター:
下の円から上の円の回転運動(タイミング)。
1セット:10回
基本練習を意識

2010年USGTF(全米ゴルフティーチング協会)ティーチング資格取得。
現在、九州・関東地区で団体・個人 向けのレッスンを行う。
福岡県出身。テーラーメイド契約プロ。

生年月日 1983/06/19
学校 沖学園高等学校 卒業
得意クラブ パター
ゴルフを始めた時の年齢 13歳
ゴルフを始めた動機 父の勧め

2007 日本女子アマチュアゴルフ選手権競技 出場
2007 九州女子選手権 13位 T
2006 日本女子アマチュアゴルフ選手権競技 出場
2006 九州女子選手権 22位 T
2003 日本女子アマチュアゴルフ選手権競技 出場
2002 日本女子アマチュアゴルフ選手権競技 出場

練習時間がない中でトレーニング(スイング)を行いましたが、平均約10ヤード程度飛距離が伸びたように思います。
何より振った後のバランス感覚と方向性がよくなりました。
シャフトのしなりがトップでの “間” や下半身主導のフォーム矯正には大きなポイントだと思います。

[月刊リアルゴルフ] NO.100 2011.7
主催 福岡雷山ゴルフ倶楽部
特別協賛 大丸・福岡天神ゴルフ売場・株式会社エイチ・アイ・エス
協力、協賛他多数。
4月27日雷山ゴルフ倶楽部で開催された「第5回ラブゴルフコンペ」(女性132名参加)の一コマ。

  • スタンス幅を狭くして振ったら回転するという感覚を感じた。
  • シャフトの「しなり」感を初めて感じられた。
  • ボールを打つのではないので(羽根だから)あまりボールをとらえることに意識がいかず、正しいスイングをしようという意識になる。
  • ゴルフクラブでは感じられなかったタメの意味が分かったし、感じられた。
  • 羽根が体に巻き付いた感じだった。

今藤 : ゴルフをする方法を学びなさい

今松島野球場は日本でも有数の野球学校です。 今藤康行が設立したこの組織は、野球選手に興味のある方々に品質と最高のトレーニングを提供しています。 最高のコーチとトレーニングインストラクターが担当する当社の野球代理店は、野球のキャリアを確立するためのテクニックや戦略を学ぶのに最適な場所です。

野球のトレーニング以外にも、子供が楽しめるさまざまなゲームを教えています。 最も普及したゲームの子供の 1 つはに興味があるか、またはゴルフとして一般に国際的に知られている Patfrun 、または。 エキサイティングでのんびりしたゲームのメカニックたちがいるこのゲームは、野球の試合前に行われるプレゲームの人気のあるエクササイズです。

Patfrun はあらゆる人々が学ぶべきである大きいゲームである。 このエキサイティングなゲームを学ぶことに興味がありますか? Patfrun のゲームテクニックを簡単に紹介します。

  • Patfrun をすることはクラブを振るとき最低の動きを使用するように要求する。 ちょうどあなたのボディが球の位置と一直線に並んでいることを確かめるまっすぐな方法のあなたの肩を Poise に覚えなさい。 さらに、目標に当ることができるように球の位置を測定しなさい。
  • シャフトを振る前に、球のよい衝突を持つために速度を高めることを確かめなさい。 さらに、ハンドルに取り付けられている 3 つのブレードが空気の方向に向いていることを確認します。 これはあなたの振動力を高めるより多くのチャンスを与える。 さらに、球の軌道はこの技術をすれば安定する。
  • ハンドルに取り付けられたブレードは抵抗を提供します。 これらの刃を調節して刃が振動としてクラブの振動を効果的に抑制できることを確かめることができる。 さらに、抵抗をさらに高める場合は、ブレードを追加して圧力を高めることができます。

ゴルフが遊ぶべき楽しみのゲームなぜであるか理由のいくつかはここにある

健康に良い

ゴルフは、そのエキサイティングな性質以外にも、健康面で多くのメリットをもたらすゲームです。 ゴルフで要求される動きのために、あなたの筋肉および中心を運動できる。 さらに、それはそれらを調子を与え、強い保つ必要がある練習をあなたの腕に与える。 数週間ゴルフをした後、フィッターとリーンを見ると驚きます。

応力レベルを低減できます

ゴルフは圧力レベルを減らす機能のために働く専門家間で普及している。 ゴルフは緑のエリアで行われるため、穏やかな景色を眺めながらリラックスすることもできます。 ゴルフをすることは relaxed および幸せに感じることができる endorphins のよい量を解放できる。

新しい友達に会うことができます

あなたの規則的なゴルフをする相棒のほかに、ゴルフをすることは新しい人々に会うチャンスを与える。 ゴルフコートで新しい人々と会うことは、社会的な輪を広げ、人生をよりエキサイティングなものにすることができます。

ゴルフについての詳細は、弊社 Web サイトをご覧ください。 ソーシャルメディアサイトでフォローして、クラスやトレーニングに関する最新情報をすぐに入手できます。

 

有限会社アイビーエー
〒399-0744 長野県塩尻市大門64-3 駅西住宅2号